加古郡衛生センターのご案内
施設概要 センター内配置図 処理の流れ 加古ちゃんの自然発酵有機肥料 交通のご案内 お問い合せ TOP

加古ちゃんの自然発酵有機肥料
加古郡衛生センターにてし尿・浄化槽汚泥を処理することにより発生する二次汚泥は、
専門業者によってリサイクルされ、自然発酵させた完全有機肥料に生まれ変わります。
加古ちゃんの自然発酵有機肥料 価格10kg 200円 特長
土壌改良(通気性・保水性・透水性・易耕性)を高め、化学肥料と比べて、微生物の働きで肥効がゆっくりと持続するので、累積的な効果があります。また臭気も少なく、取り扱いが簡単で手軽にご使用いただけるほか、病原菌や雑草種子が死滅するとされる温度(65〜70℃程度)で十分に発酵させるため安全です。

成分

成分 肥料成分の効果
PH・・5.90  
チッソ・・1.3% 植物を作る。デンプン合成。緑を作る。
リン酸・・4.9% 味覚の物は、実・子孫作り。
成熟の物は、種・花・繁殖。
カリウム・・0.5%未満 骨格・強健にする。全体作り。
銅・・ 240mg 葉緑素を作る。
炭素/窒素比・・8.3% 堆肥の目安。
→旧生産業者保証票を見る
使用方法
種類 標準施用 施用方法
<畑作物>
葉菜類・果菜類・根菜類・花
3.3平方メートル(1坪)当たり8〜10kgを目安としてお使いください。
マルチ: 播種の10〜15日前に表面散布し、約20cmの深さで耕起撹拌し、肥料と土壌を均質にする。
ハウス: 播種の10日前
露地: 播種の7日前
<水田作物>
水田・苗代・苗床
3.3平方メートル(1坪)当たり8〜10kgを目安としてお使いください。 平均に表面散布する。
2〜3割程度の量を土と均質になるように混合する。苗床は5日以上経過してから播種する。
<果樹、他>
果樹類・苗木類・庭木類
盆栽類
3.3平方メートル(1坪)当たり8〜10kgを目安としてお使いください。 土と均質になるように混合する。
春秋の2回施用する。

お問い合せ
稲美町 公園管理事務所(元・万葉のみせ)
〒675-1114
加古郡稲美町国安1286-55
TEL:079-492-9006
播磨町 加古郡リサイクルプラザ「はりま里彩来館」
〒675-0155
加古郡播磨町新島60番地
TEL:079-437-7671
↑このページのトップへ
HOME加古郡衛生事務組合加古郡リサイクルプラザ「はりま里彩来館」稲美斎場「ひじり苑」交通のご案内お問い合せ

Copyright(c) 加古郡衛生事務組合 All Rights Reserved.